ひきこもりニートブログ・blog(仮)

主にアニメ・ゲーム・漫画等のレビュー・批評・感想等
絵5点
ストーリー8点
音楽6点



 ラララブライブラリー。

 さわ子本読まない人から読む人になってんじゃんw

 勉強になります。

 男の影がどんどん薄くなっていく。
絵6点
ストーリー9点
音楽6点



 1期の総仕上げ。

 声優の子役が聞き所の一つ。

 子供達を影ながらサポートする明が格好良い。
 えぇ~、うっわ、最低ポリゴンアニメになってるよ、手抜き。
作画良かっただけに残念だわ。
絵0点だな。
亜人で見飽きた等だよ。
まぁ慣れれば見られなくも無いんだけど。
それと絵の点数は別物。


 葵の紙が青くなったりならなかったり、ミスか?
絵4点
ストーリー2点
音楽6点



 やっぱり4クールないと原作を再現できなかったてってことか。

 最初の数話もそれからも意味不明だったよ。
1期との繋がりも滅びを免れたってとこくらいか。
『やり直すんだ、そして今度はうまくやる。』のキャッチコピーが意味をなしてなかった。

 ヤスミンだけが全てを知っている。
絵7点
ストーリー6点
音楽6点



 知られてない名作って風。

 長期に渡ってやり続けてくれるとのめり込めていいよね、昨今の1クール潮流じゃあのめり込む前に終わってしまう。

 皆美のオラゴン蹴ったとこ気合入っているよなぁ、終盤作画良くなった気がする。

 やっぱ夏空のラプソディーが印象的だわ。
通常配信は続けつつも1時間弱のSPの配信はスケジュール大変だったろうに。
 夏空のラプソディーが終わってからが面白かった気がする。
これでキャラの個性が固まった気がするしメインの4人の絆みたいなのを感じたから、10分間隔じゃあやっぱどうもね。
 短編やってる間に時間の長いSPやれる制作体制の余裕を感じさせる。
結局よくわからなかったな、世界は滅ばなかったってことくらいしか。
絵6点
ストーリー9点
音楽5点
 


王道ファンタジーで面白かったよ。
絵5点
ストーリー7点
音楽5点



 華は散るものだし、最初からそういう結末だったんだろうな、1期で咲いて、2期で散ると。
ただビスケットが死んだところから面白くなくなっていったように思う。(アーヴラウ攻防戦は楽しかったが。)
後、主要キャラが後半あっさり死に過ぎ。
命が軽くてつまらん。


 結局順当に権力者が勝ってつまらん。
ラスタルを一番追い詰めたのは実はシノだったというw
敵側の主要キャラの損害がクジャン公一人ってのはな。
あのただの凡人の女(ジュリエッタ)も死んで欲しかったよ。


マッキーバエルは無敵じゃなかったのかよ、つーかあんな簡単にやられるMSを何故に欲するか。
象徴として使いたいなら、勝算高める為に、戦力もっと集めとかないと駄目でしょ。
これなら確実に勝てるっていう。
それがバエル入手だと思ったのに。
あれじゃあほんとにただの反乱だよ。
 バエル無双して欲しかった。
 結局ダインスレイブが無敵ってことでつまらん。
禁じ手使いまくりでほんとに禁じ手なのか、禁じ手としての位置付けが下がるわ。
 
 2期から新しいキャラが続々登場。

 1期や2期の最初との接点が未だ見えない。
1期は一つのライフということなんだろうか。
ただ『やり直すんだ』とのキャッチコピーと相反する。

 結構端折ってるんだろうなとは思うけど、元々アニメやるなら4シーズンはいると言われてたし、脳内補完するしかないか。
 これはアラム少年の成長物語。
 マクギリス死なないで、あっこから反転攻勢の展開の方が面白かったがなぁ。

 鉄華団を続けているのは結局ライド一人ってことか。
 ベルベットクラウ、さすがザクロスだ。

 狐男は役目を終えて無残に処理されてしまったか。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第48話を見ました。#48 約束失墜したギャラルホルンの権威回復の為鉄華団を全滅させることをラスタルは決めており、既に鉄華団を取り囲んでいた。囲い込みをしているギャラルホルンはマスコミを通じて自分達の正当性を見せつけるために手出しはしないように指示していたのだが、今まで部下の命に救われてきたイオクが武器を捨てて突進していくのだった。「流さねばならぬ血があるのなら…。...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #48「約束」


 三日月自立の為の生贄になってしまったか、イツカか。
 正にfantasy of fantasy。