ひきこもりニートブログ・blog(仮)

主にアニメ・ゲーム・漫画等のレビュー・批評・感想等
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今話面白くない。

 ジェフリーつーかバーチャのキャラいつまで1なんだよ、そろそろ金使えよ。

 PSOもセガの代表作にして人気作、そしてMMOに繋がるネトゲ にして廃人の先駆け的ゲーム、出ないかなと思ってたけど次回出そう?
 これならバーチャストライカー・バーチャロン・バーチャコップ・セガラリー・デイトナも出して欲しいな。

 麻雀ゲームのMJも人気あるしなぁ、咲なんかも出てきたし、出てきたら面白い\(^o^)/
なら初音ミクゲーも有りだよな。
 サターンドリキャスにネットネットって言ってるけど、自分も拡張でネットできるじゃん。
あの頃は拡張ブースト時代だったよなぁ、PCエンジンのCDROMROMや、メガドライブのスーパー32X・メガCD、それだけでwktkだったし、性能や先端技術はスーファミ(以下ファミコン含む。)の比じゃなかったんだけどなぁ。(一体型もあったかな?PCエンジンDuoってのはあったな。)
何よりもCDという将来主流になる媒体光ディスクをもうこの段階で出してたのは凄い予見性。
PCエンジンのCDという音楽に秀でた機能をふんだんに生かしたオーケストラを取り入れた天外魔境Ⅱはインパクトあったわぁ。
これの為にDuo買ったしw
クリアまで70時間とも言われるプレイ時間の長大さも性能の凄さに感動したものだ。(当事スーファミのRPGは15時間位。)
任天堂はあくまでROMカートリッジに拘りニンテンドー64を出したが、性能がね、サターン・PSには遠く及ばなかった。
当事の山内社長?のCDはコピーされる為敬遠したのはその通りだったけど、それは結構後に問題になったし、ROM時代からFDDにコピーされてたし、ROMだから安心というわけでもなかったし、ま、それに販売しているのはまだカオスな秋葉原だから、範囲も限定されるし、ネットなんてなかったから全国に飛び火することもなかった。
だから販売が急落することはないし、そもそもしてないし。
遅ればせながら光ディスクを採用したゲームキューブもなしの礫だったし。
携帯機でなんとか延命。
サターンは他にも拡張ROMあったりしたなぁ、カセット入れる部分がPSと違ってあったんだよ。
サターンまではセガが最高の性能機だったと思う。
安易に新型機出すより、拡張させて延命最近の機種にはないよなぁ、過去の失敗が原因か。
今後は一体型しか販売しないとかすれば延命作成功したかもしれない。
PS3だってメモリ拡張行えばまだまだいけるはずと思うけど。
本体価格も今は大分安いし。
まぁ本体価格が高い=売れないという安易な図式は成立しないしね。(逆もまた真なり。)
ま、そーいうわけでメガドライブ・セガサターンの今後のパワーアップ展開に期待したいね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikikomorineetblog.blog35.fc2.com/tb.php/370-f0eaf51d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。