ひきこもりニートブログ・blog(仮)

主にアニメ・ゲーム・漫画等のレビュー・批評・感想等
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一度心肺停止に陥った時点で蘇生措置を取ることはターミナルの趣旨に反する。
ただまぁ医師法上それはできないのかもしれない。
ここのところの法整備なり決め事が曖昧なんだよな。

 メデュキボイドってターミナル目的なんだろ、取れたデータはターミナルなんだよな、あまり嬉々として語るべきことでもないと思う。

 茅場、君島コウに似てるな。

 宮田夕紀を想起させるな。
名前も一緒だし。
担当医の言葉や明日奈の「負けるわけがないよね。」という思いはみなみのかけた言葉や夕紀の母と同じ意味。
でもその後は違う。

 11連撃って姉から継承した技なんじゃないかな?

 バーチャルホスピスって特に過疎地医療に期待されている将来像に近いんじゃないかな?
これで処方箋出せたら画期的。
まぁまずはカウンセリング程度に使えるんじゃないかな?
仮想世界の病院か。
今の技術だって、サーバーとカメラがあるんだからできないことはないはず。
これに医療保険が適用されれば形になるだろうし、運営もしていけると思う。
まずはNPO法人辺りが試験的にやってみて、厚生労働省に働きかけると。
やっぱ圧力団体の力は強いからね。

 死ぬ仲間がいるのは孤独でなくて救いになっただろうなぁ。

 長くても3ヶ月の内の一人はやっぱりというかユウキってことか、つか担当医曰くその日にもだから長くてもですらない矛盾。

 シウネ、寛解は一般的に言う治ったのとは違うんだよ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikikomorineetblog.blog35.fc2.com/tb.php/416-ddaa0d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。